トップページ >  > ザガーロの効果、副作用

ザガーロの効果、副作用



●デュタステリドとは
デュタステリドは2009年に前立腺肥大症の治療薬「アボルブ」として処方されています。この時は薄毛治療薬としての認可は受けていません。前立腺を肥大させるDHTの生成を阻害するための治療薬として処方されていました。ただ、DHTは抜け毛の原因となるため、アボルブを服用した人が毛髪の多毛の症状も見られていました。

●ザガーロの効果
ザガーロは2016年の6月から日本国内でも処方されはじめたAGA治療薬です。フィナステリドを配合したプロペシアに加え、デュタステリドを配合したザガーロも選択肢に増えました。ザガーロに含まれるデュタステリドは1型と2型の5αリダクターゼを阻害する効果があります。

ザガーロには0.1mgと0.5mgタイプがあります。6ヶ月服用した場合、毛髪の数や太さはプロペシア以上の効果を発揮します。この事から、1型と2型の5αリダクターゼを阻害することが、毛髪の成長を促進しているといえます。ザガーロはプロペシアに比べ、1,000円程高い価格が一般的です。AGAスキンクリニックではプロペシア7,000円に対し、ザガーロが8,200円です。価格についてはクリニックによって多少異なりますが、ザガーロは皮膚科や内科でも処方しています。

●ザガーロの副作用
ザガーロは1型と2型の5αリダクターゼを阻害する効果があるため、プロペシア以上に副作用の確率はあがります。主な副作用はプロペシアと同じく、勃起不全や性欲減退です。0.1mgタイプで勃起フザンなどが5%、性欲減退が7%程度、0.5mgタイプでは勃起不全などが8%、性欲減退などが2%となっています。

●ザガーロの注意点
ザガーロはプロペシアと同じく女性には使用できません。とくに妊婦さんや授乳中の女性の場合、男性の胎児の外生殖器の発達を阻害する事があるため、十分な注意が必要です。

●デュタステリドとは デュタステリドは2009年に前立腺肥大症の治療薬「アボルブ」として処方され...