トップページ >  > ストレスによる薄毛を改善する方法

ストレスによる薄毛を改善する方法

ストレスは毛髪の成長を妨げる要因となります。適度なストレスであれば問題はありませんが、ストレスを抱え続ける事は自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを引き起こします。仕事による疲労、人間関係や育児、介護など精神的なストレスを常に感じていると、血管が収縮し、栄養分や酸素が毛根まで十分に届かなくなります。

ストレスは血行不良だけでなく、活性酸素の増加、皮脂の増加なども引き起こします。活性酸素は細胞や血管にダメージを与えます。その結果、髪の毛を育てる毛母細胞の活動低下や過酸化脂質による血行不良などを引き起こします。



日常生活のストレスだけでなく、夜型の生活も自律神経の乱れを引き起こします。夜型生活をしていると交感神経が優位になり、自律神経の乱れから血管の収縮や活性酸素の発生を招きます。仕事で夜型生活になるのは仕方ありませんが、夜遅くまでテレビやゲームすると交感神経が優位になるので注意が必要です。さらに、睡眠不足になると髪の毛を育てる成長ホルモンの分泌も少なくなってしまいます。

ストレス対策で大事なのは「睡眠」「運動」「休息」です。睡眠は6時間以上取ることでストレスを低減し、成長ホルモンが分泌されます。運動については有酸素運動をする事が大切です。ジョギングやウォーキングなどの運動を1日20分程度取り入れる事がおすすめ。難しい場合はストレッチや深呼吸、体幹トレーニングなども有効です。運動をすることで睡眠も深くなり、良い循環になります。

休息に関しては、自分1人の時間を取ってリラックスしたり、気が許せる友人や家族と話したりする時間を1日のうちに数時間取る事がおすすめです。夜遅くまで仕事した場合は睡眠時間をしっかり取ることを優先する事をおすすめします。

あとは完璧主義の人はストレスを抱えやすい傾向があります。ミスを気にしすぎたり、他人の言動を気にしすぎる事が多いようです。変えられるのは自分だけです。適度に力を抜くことを選択することで、余計なストレスを抱えない事が重要です。

ストレスは毛髪の成長を妨げる要因となります。適度なストレスであれば問題はありませんが、ストレスを抱...