トップページ >  > 親和クリニックの自毛植毛について

親和クリニックの自毛植毛について



親和クリニックはメスを使わない自毛植毛を行う薄毛治療クリニックです。新宿、名古屋、大阪、福岡にクリニックを展開しています。

親和クリニックではメスを使わないFUE(MIRAI法)を採用しています。そのため、術後の痛みは非常に少なく、定着率も優れています。ここでは親和クリニックでおこなう自毛植毛について紹介します。

独自のFUE、MIRAI法について



●後頭部から移植
親和クリニックでは薄毛になっていない後頭部の髪の毛を、薄毛部分に移植します。後頭部はAGA(男性型脱毛症)になりません。

男性の薄毛の多くは男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)がレセプター(受容体)と結合することで発生します。後頭部や側頭部にはレセプターが存在しません。

後頭部の毛包は薄毛部分に移植してもレセプターがないため、AGAになることはなく、そのまま成長します。

●極細パンチで毛包を採取
毛包を採取する前にバリカンで髪を1センチ程度に刈り上げます。移植後には必要に応じてカバーシートと呼ばれる編み込み式のつけ毛を装着します。

MIRAI法は極細のパンチを使用し、後頭部から毛包を採取していきます。採取する穴は非常に小さいため、殆ど目立ちません。細かいパンチのため、大量に毛包を採取することが可能です。

●ホール作成、移植
毛包を採取したら薄毛部分に移植ホールを作成します。親和クリニックのMIRAI法では直径0.63ミリのマイクロパンチブレードを使用し、ホールをつくります。非常に小さいホールのため、高密度の移植が可能になりました。

ホールへ移植する際には、グラフトセッターと呼ばれる機器を使用して空気圧で移植を行います。ホールは移植する毛包より小さいため、自然な圧力がかかり、生着率が高くなります。

刈り上げないNC-MIRAI法も実施



MIRAI法の欠点と呼べるのが後頭部を刈り上げる点にあります。シートカバーで隠す事は可能ですが、やはり気になるという人も多いです。親和クリニックには刈り上げない自毛植毛「NC-MIRAI法」があります。

バリカンを使用することなく、1本1本カットしながら株を採取していきます。そのため、自分の周囲の髪で後頭部は自然に隠れます。ヘアスタイルを変える必要もなく、他人からみてもわかりません。ただ、費用は高くなります。

親和クリニックの費用、詳細について

MIRAI法基本料金:20万円 1株1,200円(1000株以上:1,000円)
NC-MIRAI法基本料金:30万円 1株2,000円
クリニック新宿、名古屋、大阪、福岡
特徴 メスを使わないFUE(MIRAI法)で薄毛治療を行う自毛植毛クリニック。さらに、バリカンを使わないNC-MIRAI法も実施しています。育毛剤では改善できない薄毛治療をしっかりとサポート。
公式サイトへ

親和クリニックはメスを使わない自毛植毛を行う薄毛治療クリニックです。新宿、名古屋、大阪、福岡にク...