トップページ >  > 新宿メディカルクリニックでの薄毛治療について

新宿メディカルクリニックでの薄毛治療について



新宿メディカルクリニックでは成長因子注入療法をメインとした薄毛治療クリニックです。最近ではメソセラピー治療と呼ばれ、多くのクリニックで行われています。ただ、メソセラピー治療は非常に高額です。1回あたり数万円かかり、それを6回程度は行う必要があります。ここでは新宿メディカルクリニックの薄毛治療の内容について紹介します。
費用の目安:頭部1回あたり40000円~56,000円

成長因子注入療法



新宿メディカルクリニックではオリジナルの成長因子カクテルを頭皮に直接注入します。発毛促進カクテルには6つの成長因子に加え、56種類のビタミン、ミネラル、アミノ酸などが含まれています。

成長因子には毛母細胞を活性化するKGF、IGFをはじめ、血管新生作用のあるVEGF、ヘアサイクルを改善するチモシンβ4などが含まれています。今ある毛母細胞の活性化をはじめ、休止期にある毛根を成長期に移行させる働きなどもあります。

その他、毛髪の原料となるアミノ酸、代謝を促進するビタミンB群、血流改善作用のあるビタミンEなどの栄養分もダイレクトに毛根に働きかけます。育毛剤よりもしっかりと浸透します。

また、新宿メディカルクリニックでは針をつかわないノーニードルメソセラピーです。注射タイプは痛みがあり、治療が非常に苦痛になります。炭酸ガスのジェット噴射によって痛みを低減しながら、発毛促進カクテルを注入します。

プロペシアでの薄毛治療



新宿メディカルクリニックではプロペシアの処方を行なっています。プロペシアは皮膚科などでも処方している薄毛治療薬です。毛乳頭内の5αリダクターゼを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑える作用があります。

男性ホルモンや遺伝によって発生する男性型脱毛症(AGA)はDHTが大きな要因です。このDHTの発生を抑えることで、ヘアサイクルの短縮化を防止し、薄毛の進行を遅らせます。 ただ、プロペシアには副作用があります。性欲減退や勃起不全などの副作用が5%前後の割合で報告されています。

新宿メディカルクリニックでは成長因子注入療法をメインとした薄毛治療クリニックです。最近ではメソセ...