トップページ >  > 発毛を促進するミノキシジル

発毛を促進するミノキシジル

ミノキシジルを配合したのがリアップです。ミノキシジル5%を配合したリアップX5が2009年に販売されました。最近ではリアップは一般用医薬品です。販売に関しては薬剤師常駐の薬局で購入可能です。60mlで7048円(税抜き)です。



ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬としてつかわれていましたが、副作用として体毛や髪の毛が増える症状が多くみられました。そこで頭皮に塗布するために開発されたのがリアップやロゲインです。

ミノキシジルに血管を拡張する作用があります。血管が広がることで栄養分や酸素を毛乳頭に補給することができます。さらには毛乳頭細胞を活性化して発毛促進物質を生成します。その結果、ミニチュア化した毛球を改善し、軟毛化している髪を改善します。

さらに、ミノキシジルは休止期にある髪の毛に働きかけて成長期ヘ促進します。退行期を抑制し、毛乳頭細胞、毛母細胞の増殖を促します。ミノキシジルの注意点として副作用があります。副作用で多いのが頭皮の炎症です。その他には血圧の低下、心拍数の増加などがあります。血圧の治療をしている方、心臓の治療をしたことのある方は薬剤師にしっかりと確認しましょう。

ミノキシジルの副作用

薄毛でお悩みの方にはすっかりおなじみになりましたミノキシジルですが、もともとは高血圧の患者さんのために開発された経口血圧降下剤でした。 血管を拡張させて血圧を下げるという効果があるもので、後に副作用としての多毛の報告が挙げられて、薄毛治療薬の成分として使用されるようになりました。

・ミノキシジルの効果はどれくらい?

ミノキシジルは血管を広げて血流を改善することで、頭皮環境に必要な栄養を頭皮と毛根に届けやすい働きをしてくれることで発毛促進につながるといった作用があります。 外用薬としては塗り薬、内服薬ですとタブレットタイプのものがあります。 いずれも効果は期待できるようですが、内服薬の方が効果は出やすいという声もあります。

・ミノキシジルの副作用はどれくらい?

ミノキシジルの副作用としては、頭皮のかゆみや湿疹やフケ、炎症などが確認されています。 内服タイプの副作用としては、血圧が低下したり、多毛症などが指摘されています。 肌の皮脂が過剰に分泌されることにより、ニキビや肌荒れが起こることがあります。

内服薬の方が効果は出やすいのですが、副作用も外用薬より多く報告されています。 AGAクリニックで内服タイプのミノキシジルを服用する際は、血液検査などをおこなっています。

ミノキシジルを配合したのがリアップです。ミノキシジル5%を配合したリアップX5が2009年に販売...