トップページ >  > 女性の生え際の育毛対策

女性の生え際の育毛対策

生え際の薄毛と言えば男性に多い症状ですが、女性にもある症状です。女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症と呼ばれる、頭頂部を中心に薄く鳴るタイプです。女性の薄毛にも男性ホルモンが関与していると言われていますが、ハッキリとはしていません。なぜなら、男性ホルモンに働きかけるプロペシアなどの医薬品は女性は使用できません。



妊婦の場合、プロペシアを使用すると、子供の生殖器官に影響を与えるので禁止されていますが、それ以外の女性でプロペシアは薄毛に効果は表れていません。女性には男性のように毛乳頭内でDHTが生成されることはほとんどありません。全く無いとはいえませんが、薄毛に影響を与えるほどではありません。

女性の場合、血行不良、代謝低下、女性ホルモンの減少などが薄毛の原因です。加齢からくる代謝の低下、女性ホルモンの減少により、髪の毛を作る毛乳頭、毛母細胞の活動が弱くなり、髪が抜けてしまいます。

女性の育毛で最も重要なのは血流改善です。血液に含まれる栄養分をしっかりと毛根に送ることで、髪の毛を作る毛包は活性化しはじめます。センブリやニンジンなどの生薬を配合した育毛剤、ミノキシジルを配合したリアップが有効です。

また、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養分も大切です。ビタミンはタンパク質の代謝作用があり、ミネラルは髪の毛を作るタンパク質の合成をサポートします。アミノ酸も髪の毛の栄養に欠かせません。マルチビタミン、亜鉛のサプリメントなどがおすすめです。アミノ酸はお肉、卵、大豆などに豊富です。

生え際の薄毛と言えば男性に多い症状ですが、女性にもある症状です。女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症と...