トップページ >  > 遺伝による薄毛

遺伝による薄毛

ハゲ、脱毛は遺伝すると昔から言われていますが、正確には体質の遺伝です。父親、母親が薄毛でなくても、母親の家系に薄毛が多ければ薄毛になることがよくあります。祖父や親戚に薄毛の人が居る場合も薄毛になる可能性は十分あります。



薄毛の原因は男性ホルモンと5αリダクターゼの結合によって生成されるDHTです。DHTがレセプターと呼ばれる受容体に取り込まれることで毛母細胞の働きは弱くなります。その結果、軟毛やうぶ毛が増えてしまいます。髪の毛の成長期がどんどん短くなり、薄毛は進行します。

遺伝によって引き継ぐのは薄毛になる可能性がある体質です。主には男性ホルモンの量、5αリダクターゼという特殊酵素の量、レセプターと呼ばれる受容体の感受性です。男性ホルモンが多くても、レセプターの感受性が低ければ薄毛にはなりにくいのです。逆に男性ホルモンがそれほど多くなくても、レセプターの感受性が高い場合は薄毛になります。

こういった薄毛になりやすい体質は遺伝の為、どうこうすることはできません。生え際などの薄毛対策では、5αリダクターゼの働きを阻害することが有効です。ノコギリヤシを配合したサプリメントやフィナステリドを配合した医薬品「プロシア」などを服用することで、毛乳頭内の5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑制することが抜け毛の防止につながります。

ハゲ、脱毛は遺伝すると昔から言われていますが、正確には体質の遺伝です。父親、母親が薄毛でなくても、...