トップページ >  > ヘアメディカルの治療内容、費用

ヘアメディカルの治療内容、費用



ヘアメディカルは東京、名古屋、大阪、福岡で展開する頭髪治療専門クリニックです。130万人以上の薄毛治療実績のある信頼できるAGAクリニックです。育毛剤を使用しても薄毛が改善しない方、育毛サロンを利用していたが変化の無い方などが治療を受けています。

ヘアメディカルグループでは無料カウンセリングで、薄毛対策や治療、費用などに関する疑問ついても丁寧に答えてくれます。ここではヘアメディカルの治療内容について紹介します。

●飲み薬
ヘアメディカルの薄毛治療は飲み薬がメインになります。他のクリニックで行っている高額なメソセラピー治療などは行っていません。

・プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ
プロペシア、ザガーロは5αリダクターゼと呼ばれる酵素を阻害する働きがあります。5αリダクターゼを阻害することによって、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防止します。DHTはヘアサイクルの乱れ、抜け毛の原因となります。プロペシア、ザガーロを服用することで、抜け毛を抑えます。(6ヶ月の服用で6割近くが改善しています。)

ただ、プロペシアやザガーロには副作用があります。性欲減退や勃起不全などの副作用が5%程度(ザガーロはもう少し高め)みられます。

・ミノキシジル
ヘアメディカルではミノキシジルの飲み薬も処方しています。ミノキシジルには血管を拡張する作用があります。外用薬ではリアップが有名ですが、内服薬は更に効果の強く、発毛促進をサポート。ただ、血液検査などを行ってからの処方になります。血圧や心臓に問題がある場合は処方できません。また、服用を止める際にも注意が必要になります。

ミノキシジルは血管を拡張することで、毛乳頭に栄養や酸素が届きやすくなります。その結果、VEGF(血管を新生する成長因子)、IGF(毛母細胞を活性化する成長因子)が生成されて発毛を促進します。

ミノキシジルの副作用には、体毛の増加があります。血管の拡張作用によって、髪の毛だけではなく体毛が増える症状が報告されています。その他、ニキビなどの吹き出物、稀にですが血圧低下などの症状もあります。

●外用薬
・ミノキシジル
ヘアメディカルではミノキシジル外用薬も処方しています。ミノキシジルによって外側から血管の拡張、新生をサポートします。内服薬程の強い効果はありませんが、発毛カクテルに有効です。ただ、皮膚が敏感な人には、炎症やかゆみなどの症状が発生することがあります。

●院内製剤のサプリメント
ヘアメディカルでは薄毛治療の患者さんにあわせたサプリメントを処方しています。市販のサプリメントよりも高濃度にこだわっています。ビタミンB群やビタミンCなどが豊富なマルチビタミン、血流に欠かせない銅、タンパク質合成作用のある亜鉛などがあります。

●医療ローンなどはありません
ヘアメディカルでは医療ローンの取扱はありません。費用は15,000円から32,000円程度が目安になります。治療費は来院ごとになるので、安心です。

ヘアメディカルは東京、名古屋、大阪、福岡で展開する頭髪治療専門クリニックです。130万人以上の薄...