トップページ >  > フィナステリドの効果

フィナステリドの効果



生え際の薄毛の主な原因はDHT(ジヒドロテストステロン)です。男性ホルモンに特殊酵素「5αリダクターゼ」が働きかけることで、男性ホルモンはDHTに変換されます。DHTは毛乳頭内で発生し、毛母細胞の働きを抑えてしまいます。その結果、髪の毛は成長期から退行期へと移行し、髪の毛は細く、抜けやすくなります。

フィナステリドは当初、前立腺がんや前立腺肥大症の治療に使用されてきた薬ですが、患者さんの毛髪に変化が現われたことから研究が進み、薄毛治療薬としての効果が明らかになりました。

フィナステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制するための医薬品です。男性ホルモンに働きかける5αリダクターゼの働きを阻害します。DHTの発生を抑える事で、毛母細胞の活動を維持し、抜け毛を抑えます。

フィナステリドは医薬品の為、市販で買うことはできません。国内では万有製薬のプロペシアをクリニックで処方してもらうことが可能です。ホルモンに関連する薬の為、使用には十分な注意が必要です。フィナステリドは1錠250円程度です。その他に初診料や診察料がプラスでかかります。診察料などはクリニックによって異なります。

フィナステリドの副作用について
体内にホルモンが関係している薬を取り入れるわけですから、当然ですが副作用のリスクも考慮する必要があります。 処方薬ですので、服用中でも心配な事や気になる症状があったら、お医者さんに相談してみると良いでしょう。

フィナステリドの副作用については、ごくわずかですが性欲減退や勃起障害が報告されています。また、精子の減少なども子作りを考慮している人には気にる副作用もわずかに報告されています。女性はフィナステリドの服用が禁止されています。特に妊婦さんや授乳中の女性がいる場合は取り扱いに十分注意が必要です。

生え際の薄毛の主な原因はDHT(ジヒドロテストステロン)です。男性ホルモンに特殊酵素「5αリダク...