トップページ >  > DHTを抑制する方法

DHTを抑制する方法



●薄毛、抜け毛の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)
生え際の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)です。このAGAを引き起こすのがDHTです。DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼによって作られます。このDHTが毛乳頭細胞のレセプターと結合し、抜け毛は増加します。DHTを抑制するためには、5αリダクターゼを阻害する事が重要になります。

●DHTを抑制する方法

・フィナステリド
フィナステリドには2型5αリダクターゼを阻害する効果があり、DHTの発生を抑制しすることで、抜け毛も抑える事ができます。フィナステリドを配合した内服薬「プロペシア」は、皮膚科や内科をはじめ、AGAクリニックで処方されています。30錠で8,000円前後です。薄毛治療は自由診療の為、保険は効きません。そして、フィナステリドには5パーセント前後に勃起不全、性欲減退などの副作用が報告されています。

・ノコギリヤシサプリメント
ノコギリヤシとは北中米二次性するヤシ科の植物です。葉がノコギリ状になっているため、ノコギリヤシと呼ばれています。ノコギリヤシの果実には植物脂肪酸が配合されています。この脂肪酸は5αリダクターゼの働きを抑える作用があり、DHTの生成を抑えます。抜け毛の予防効果に加え、前立腺肥大症の予防、改善効果もあります。

・育毛剤
育毛剤にも5αリダクターゼを阻害する成分があります。主な成分には、大豆エキス、ヒオウギエキスなどのイソフラボン配合タイプがあります。その他、アカツメクサエキスを配合したキャピキシルにも5αリダクターゼを阻害する働きがあり、育毛剤に配合されるようになりました。

●AGAクリニックでの薄毛治療
プロペシアによる薄毛治療は皮膚科、内科でも行っています。それに加え、薄毛治療クリニックではより薄毛治療に多くのアプローチを取っています。フィナステリドの内服薬に加え、ミノキシジルの内服薬も処方しています。ミノキシジルは血管の拡張、新生作用があり、毛髪の成長を促進します。

その他、頭皮に成長因子を注入するAGAメソセラピー、ハーグ療法などの治療法もあります。成長因子は毛包の細胞に働きかけ、細胞活性化作用によって育毛を促進します。ただ、費用が高いため、十分に検討する必要があります。

●薄毛、抜け毛の原因はDHT(ジヒドロテストステロン) 生え際の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症...