生え際の抜け毛は男性ホルモンが深く関わっています。生え際の後退、M字型脱毛を改善する方法、育毛剤などを中心に、薄毛対策を解説します。生え際に効く育毛剤を徹底比較します。

生え際育毛剤の選び方、薄毛対策を徹底解説



生え際の後退は男性型脱毛症(AGA)の典型的な症状です。ここでは生え際が後退する原因、対策について紹介します。

①男性ホルモン、遺伝
生え際の後退は男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が大きく関係しています。DHTは男性ホルモンレセプターと結合し、毛母細胞の働きを弱めます。

その結果、ヘアサイクルの成長期が短くなり、産毛は細毛が増えてしまいます。男性ホルモンレセプターの感受性は遺伝が関係しているため、母親の家系に薄毛が多い人によく見られます。

②血行不良
血行不良も生え際の後退の原因となります。血液に含まれる栄養や酸素が毛根に届かないと、毛母細胞の働きはて以下します。血行不良の原因はストレス、加齢、喫煙、運動不足、脂肪分や糖分の摂りすぎ、鉄不足などが考えられます。

③食事
しっかりと栄養を摂ることも薄毛対策は欠かせません。毛髪の原料となるタンパク質をはじめ、代謝を促進する亜鉛やビタミンB群なども重要です。

また、動物性タンパク質の摂りすぎやインスタント食品や加工食品ばかりの食生活も毛髪の成長にはよくありません。栄養がしっかり摂れない場合はサプリメントで補給することもおすすめです。

④頭皮ダメージ
合わないシャンプー、カラー、パーマなどは頭皮の炎症、皮脂の過剰分泌などを引き起こします。その結果、フケなどが出やすくなり毛穴が詰まってしまいます。その結果、毛髪の成長力が低下します。

生え際の後退を改善する方法



①育毛剤を使用する
育毛剤には血流改善作用のある生薬、炎症を抑える植物エキスなどを配合。頭皮のフケ、痒みなどを抑制しつつ、毛根の活性化をサポートします。

売れ筋の育毛剤にはイクオス、チャップアップ、フィンジアなどがあります。最近ではキャピキシル、リデンシル、ピディオキシジルと呼ばれる育毛成分を配合したタイプも増えています。

②育毛サプリを飲む
育毛サプリにはノコギリヤシ、亜鉛などの育毛ケア成分が豊富に含まれています。抜け毛の原因となるDHTを抑制する働き、アミノ酸からタンパク質を合成する働きなどがあり、内側から生え際の育毛をサポートします。育毛サプリの売れ筋にはイクオスサプリをはじめ、ボストンサプリ、ぐんぐんなどがあります。

その他、血流改善をサポートするのがDHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸です。血流改善作用に加え、脳の活性化作用や炎症抑制作用などもあります。青魚やエゴマ油、亜麻仁油、もしくはサプリメントでの摂取がおすすめです。

③生活習慣の改善
即効性はありませんが、生活習慣を改善して内側から体質を変えることも大事です。しっかりと睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌し、代謝が改善します。また、ウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動は肺活量を改善し、血流をよくします。

また、喫煙も薄毛対策にはよくありません。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があり、栄養や酸素が不足します。さらに、活性酸素を抑えるビタミンCを破壊してしまうため、体内の老化を早めます。

④頭皮ケアで薄毛対策
頭皮への刺激が強い高級アルコール系シャンプーを使って居ないでしょうか?ラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系界面活性剤は皮脂を取りすぎます。その結果、毛穴が詰まりやすくなり髪の成長力が低下します。

パーマやカラーリングは頭皮に炎症を起こし、毛根にダメージを与えます。抜け毛が増えたり、薄毛が気になる方はできるだけ頭皮にダメージを与えないことをおすすめします。

⑤薄毛治療薬、クリニック
生え際の薄毛治療薬にはフィナステリド、ミノキシジルがあります。フィナステリドは5αリダクターゼを強力に阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を防止します。皮膚科や内科ではプロペシアやジェネリックタイプを処方しています。

ミノキシジルは内服薬、外用薬があります。血管を拡張する作用、毛乳頭や毛母細胞を活性化する作用があります。外用薬はリアップX5などが薬局で購入できます。内服薬は薄毛治療クリニックで処方しています。

人気の生え際育毛剤ランキング BEST5!

順位 商品名 価格 説明 詳細
育毛剤BUBKA
5,980円~
送料無料
返金保証付
育毛剤には高濃度「M-034」を配合。退行誘導因子の働きを抑制し、毛包の細胞分裂を活性化することで育毛を促進。サプリには5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシを配合しています。 詳細はこちら
チャップアップ
9,090円~
送料無料
返金保証付
育毛剤とサプリメントのセット。育毛剤には血行促進作用のある生薬、M-034などを配合。サプリには5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシ、亜鉛などを配合しています。 詳細はこちら
イクオス
6,800円~
送料無料
返金保証付
血行促進、抗炎症作用のある有効成分をはじめ、ヘアサイクルを改善する褐藻エキスM-034を配合。その他に18種類の植物エキス、10種類のアミノ酸を配合。無添加だから敏感肌でも安心。 詳細はこちら
プランテル
7,800円
送料無料
返金保証付
5αリダクターゼの働きを抑制するヒオウギを配合した育毛剤。さらに血行を促進するセファランチン、センブリエキスなどで栄養を毛乳頭に補給します。 詳細はこちら
M-1育毛ミスト
9,800円
送料無料
返金保証付
毛乳頭細胞を活性化する加水分解酵母エキスを配合。毛乳頭細胞の繊毛が伸長し、細胞増殖因子(FGF)の生成を促進します。FGFが毛母細胞の分裂活動をサポートして育毛を促進。 詳細はこちら
生え際の薄毛、抜け毛にはコレ!

生え際の薄毛対策には活性型男性ホルモンDHTを抑制する必要があります。チャップアップのサプリに含まれるノコギリヤシには5αリダクターゼ酵素の働きを阻害する作用があります。他にも髪の毛の原料となるタンパク質を合成する亜鉛、代謝を活性化するαリポ酸、マカなどを配合しています。

育毛剤には血管を拡張する有効成分「センブリ」をはじめ、ニンジンエキスなどを配合。栄養分を毛乳頭までしっかり届け、髪の毛を作る毛母細胞を活性化。さらに海藻エキスやアミノ酸で毛包の細胞を活性化して髪のハリ・コシを強化。他にも抗炎症、保湿作用のある植物エキスもたっぷり配合。約30種類の有用成分が頭皮環境を整え、育毛を促進します。

売れ筋の生え際育毛剤を徹底比較

比較内容 イクオス チャップアップ BUBKA ポリピュア フィンジア
価格 7,538円 9,090円 初回:5980円
以降:11,664円
6,800円 9980円
返金保証 45日間 30日間 30日間 45日間 30日間
定期解約 初回購入からOK 初回購入からOK 初回購入からOK 初回購入からOK 初回購入からOK
育毛剤成分数 70種類 81種類 59種類
14種類 25種類
サプリ成分数 46種類 23種類 37種類
- -
容器 スプレー スプレー ノズル スプレー スプレー
おすすめ度
育毛剤には血流改善成分や頭皮環境を改善する植物エキス、保湿成分などを豊富に配合。フケや痒みを抑えつつ、外型から育毛をサポート。サプリメントにはノコギリヤシ、亜鉛などの栄養分を豊富に配合しています。

育毛剤には血流改善作用のある生薬をはじめ、頭皮環境を整える植物エキスなども豊富に配合。サプリメントにはノコギリヤシ、亜鉛をはじめ、血流改善作用のあるシトルリンなども配合。

育毛剤には血流改善作用のあるセンブリなどの生薬、炎症を抑える植物エキス、保湿作用のあるアミノ酸などを配合。サプリメントにはノコギリヤシ、亜鉛をはじめ、血流改善成分などを配合しています。

毛乳頭を活性化するバイオポリリン酸をはじめ、血流改善作用のあるセンブリ、ニンジンなどの生薬を配合した育毛剤です。

抜け毛対策をサポートするキャピキシル、血流改善作用のあるピディオキシジル、センブリエキス、唐辛子エキスなどを配合した育毛剤です。

生え際の薄毛を改善するポイント

5αリダクターゼを阻害する
DHTの生成、退行誘導因子の発生を抑制することで抜け毛対策
血行促進成分で毛根に栄養補給
頭皮の毛細血管を拡張し、栄養を届けることで毛母細胞を活性化
皮脂の過剰分泌を抑制する
皮脂の過剰分泌はフケ、炎症の原因。植物エキスで改善。
頭皮を保湿して頭皮環境改善
保湿成分で頭皮を柔らかくすることで、髪の毛が成長しやすく!
体の代謝そ上げる習慣を
代謝が悪いと細胞の成長力が落ちます。適度な運動がおすすめ。
バランスの取れた食事を心がける
タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養分が育毛に欠かせません。

生え際の育毛は男性特有の薄毛です。女性の場合はびまん症脱毛と呼ばれ、頭頂部付近から全体的に薄くなります。生え際はM字型に後退するタイプが多く、早めの対策が欠かせません。そこでまずは育毛剤の使用がおすすめです。より詳しくは育毛剤ランキングなども参考になります。

5αリダクターゼ配合のサプリメントでDHTの生成を抑制することが重要です。退行誘導因子の生成を減らすことで髪の毛の成長期を伸ばすことができます。育毛剤だけでなく、日頃からの食事も重要です。また軽い運動なども血行促進、代謝アップにつながるので取り入れたいところです。

生え際の育毛について

生え際の薄毛、後退は男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHT(活性型男性ホルモン)が大きな要因です。このDHTを抑制するための育毛剤やサプリなどが増えてきました。ここではDHT抑制の方法について紹介します。

●フィナステリド
クリニックなどの薄毛治療で最も使用されているのがフィナステリドです。日本ではプロペシアとして処方されています。また、個人輸入代行サイトではフィンペシアなども取り扱っています。フィナステリドは5αリダクターゼを阻害する作用が非常に強いため、医薬品扱いです。ただ、男性機能や性欲減退などの副作用が稀に見られます。

●ノコギリヤシ
ノコギリヤシはサプリメントに配合されています。夜尿症や前立腺肥大症改善のサプリメントとして人気でしたが、薄毛対策にも使われるようになりました。ノコギリヤシに含まれる「ベータシトステロール」という成分が、5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑えます。

●キャピキシル
キャピキシルはカナダで開発された成分です。アカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド3をミックスしています。アカツメクサにはイソフラボンの一種「ビオカニンA」が含まれています。このイソフラボン「ビオカニンA」に5αリダクターゼを阻害する作用があり、DHTの生成を抑える作用があります。

生え際育毛剤の使用方法、注意点



・生え際育毛剤の効果を引き出すタイミングとは?
育毛剤を頭皮に塗布し、毛穴から毛根に浸透することで、効果が最大限に引き出されます。お風呂に入って髪を洗い、その日に溜まった汚れや皮脂を取り除いた後に、育毛剤を使用するのが効果的です。 お風呂に入ることで毛穴が開き、頭皮の汚れなども取り除かれているので、育毛剤が毛穴から最も浸透しやすいタイミングと言えます。

・育毛剤の効果を高める方法
育毛剤の成分を浸透させるためには、洗髪後に育毛剤を塗布するのが一番効果的です。育毛剤を使用する前に髪と頭皮を乾燥させましょう。 髪や頭皮が湿った状態で育毛剤を使用すると、育毛剤の吸収率が下がってしまいます。頭皮の水分と共に、育毛剤が流れ落ちてしまうことがあります。

また、髪や頭皮が湿った状態で就寝すると、雑菌が繁殖しやすくなり、抜け毛や頭皮トラブルの原因となってしまいます。 育毛剤を塗布したら、寝る前には髪や頭皮が自然乾燥している状態にすることが大切です。時間がない場合、育毛剤を塗布した後に、ドライヤーの冷風で髪と頭皮を乾かすことで、雑菌の繁殖リスクを減らすことができます。

・育毛剤購入時の注意点
薄毛になる原因は人によって違います。遺伝、男性ホルモンの影響をはじめ、血行不良、加齢、過渡のダイエットなど、様々です。男性ホルモンや遺伝による薄毛には5αリダクターゼの阻害、血流改善には血管を拡張する生薬などが配合された育毛剤など、自分の原因や症状に合った育毛剤を使用する事が大切です。

・定期コースがお得
ネット通販では定期購入のある育毛剤が多くあります。単品購入よりも値段が割安です。男性育毛剤の多くは回数縛りがありません。そのため、定期コースではじめることをおすすめします。30日間返金保証が付いている育毛剤であれば、返品が可能です。ただ、1ヶ月使用して変化が出ることはありません。多くの育毛剤は6ヶ月使用する事を推奨しています。頭皮に合わない場合には30日以内に返品する事をおすすめします。

生え際におすすめ育毛剤「イクオス」がリニューアル



育毛剤「イクオス」が大幅にリニューアルしました。育毛成分を約2倍の61種類の増加。さらに、イクオスサプリの栄養分も大幅に増加し、栄養機能食品に認定されています。

●育毛剤「イクオス」の特徴

・DHTを抑制する成分を配合
生え際の育毛対策ではDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することが欠かせません。リニューアルしたイクオスにはオウゴンエキス、ヒオウギエキス、クワエキスなどを配合。DHTの生成や働きを抑えることで、抜け毛対策をサポートします。

・血行促進成分たっぷり
イクオスには血流改善作用のあるセンブリエキス、ニンニクエキス、カラシエキス、ジオウエキス、ニンジンエキスなどの血流改善成分をたっぷり配合。栄養と酸素を毛根に届ける働きを促し、育毛を促進します。

・頭皮環境を改善する成分もたっぷり
イクオスには保湿成分もたっぷり配合。ヒアルロン酸やコラーゲン、大豆リン脂質などの保湿成分が頭皮に潤いを補給。その他にも、炎症を抑えるグリチルリチン酸2k、ジフェンヒドラミン塩酸塩、活性酸素を抑えるサクラ葉エキス、ローズマリーエキスなども配合。

・3種類の海藻エキスで毛根活性化
イクオスには3種類の海藻エキスを配合。M-034、ペルベチアカナリクラタエキス、スサビノリエキスが毛根の活性化をサポートします。3種類の海藻には頭皮を保湿する作用をはじめ、外毛根鞘細胞を活性化する作用があり、髪を健康する働きをします。

●イクオスサプリも大幅にパワーアップ

・ノコギリヤシ、亜鉛を豊富に配合
ノコギリヤシには5αリダクターゼを阻害する作用があり、DHTの生成を抑制する作用があります。また、亜鉛にはタンパク質の合成作用があり、育毛に欠かせません。その他にも、毛髪の原料となるアミノ酸も豊富です。

・イソフラボン、カプサイシンで成長因子生成
イソフラボンとカプサイシンには成長因子「IGF-1」の生成を促進する作用があります。成長因子は毛母細胞を活性化し、毛髪の成長を促します。

・ビタミン群をたっぷり配合
イクオスサプリにはビタミンB群、ビタミンA、C、Eなどの栄養をたっぷり配合。ビタミンB群には糖質、脂質、タンパク質の代謝を促進する作用があり、エネルギー生成を促進。ビタミンA,C,Eには抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を阻害する働きがあります。

・細胞活性化を促進
イクオスサプリにはフコイダンやアルギニンを含んだ海藻「ガニアシエキス」や細胞代謝をサポートするフィッシュコラーゲンペプチドなども配合。加えて、血流改善作用のあるヒハツエキス、ショウガエキスなども配合し、内側から育毛をサポートします。

治療薬で生え際の薄毛対策



・フィナステリド
クリニックでは様々な薄毛治療薬が処方されています。代表的な治療薬にフィナステリドがあります。フィナステリドは5αリダクターゼを阻害し、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。

フィナステリドは2型5αリダクターゼを阻害するする飲み薬です。最近では1型、2型の5αリダクターゼを阻害するデュタステリドと呼ばれる飲み薬も処方されています。前頭部や後頭部の脱毛量を抑制し、毛髪の成長をサポートします。

フィナステリドやデュタステリドには性欲減退、勃起不全などの副作用が5%~10%程度の割合で報告されています。また、女性の服用は厳禁です。

・ミノキシジル
ミノキシジルにはリアップに含まれる有効成分として有名です。クリニックではミノキシジルを配合した内服薬を処方しています。外用薬よりも効果が強く、血管を拡張して血流量を改善します。さらに、毛母細胞を活性化することで発毛を促進します。

ミノキシジルの副作用には多毛症があります。また、血圧や心臓の病気の人は使用できません。ミノキシジルの内服薬は血液検査や血圧検査をおこなってから処方されます。断薬時も医師に相談する必要があります。

成長因子で生え際の薄毛治療

成長因子を毛根にダイレクトに注入するのがAGAメソセラピーです。メソセラピー治療では注射、MEDJET、エレクトロポレーションなどを用いて、発毛カクテルをしっかりと注入します。

発毛カクテルには成長因子が豊富に配合されています。毛母細胞を活性化するKGF、IGFををはじめ、血管新生作用のあるVEGF、バルジ領域を活性化するHGFなどがあります。その他、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養分も含まれています。ダイレクトに毛根に届くため、育毛剤よりも効果が期待できます。ただ、1回数万円とかなり高額です。

自毛植毛で生え際の薄毛治療



自毛植毛とは後頭部の毛包を生え際に移植する薄毛治療法です。メスを使用するFUT、毛包をパンチでくり抜くFUE、ロボットを使用した植毛などがあります。

後頭部や側頭部の毛包には男性ホルモンレセプターがありません。そのため、DHT(ジヒドロテストステロン)が発生してもAGAになりません。これは、毛包を移植しても元々あった場所の性質を維持するためです。

今主流の自毛植毛はメスを使わないFUE法です。メスを使って頭皮を切り取る植毛に比べ、術後の痛みが少なく、高密度の植毛が可能です。6か月くらいで髪の毛が生え揃ってきます。

生え際育毛剤 新着情報

 「親和クリニック」を追加しました。
 「リゾゲイン」を追加しました。
 「生え際 産毛」を追加しました。
 「新宿メディカルクリニック」を追加しました。
 「ルネッサンスクリニック」を追加しました。
「生え際育毛剤ランキング」について
生え際の抜け毛は活性型男性ホルモン「DHT」の発生を抑えることが最も重要です。育毛剤には種類がかなりありますが、血行促進タイプが最も多くあります。血行を促進して栄養分を毛乳頭に届けることは非常に重要です。ただ、生え際の抜け毛はそれだけでは改善できません。男性ホルモンに影響を与える特殊酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑える「ノコギリヤシ」などの成分を配合した育毛剤を使用する必要があります。ノコギリヤシは北米南部のヤシ科の植物です。ソウルパルメットとも呼ばれています。育毛剤BUBKAやチャップアップ、フェルサのサプリメントにノコギリヤシは配合されています。DHTを抑制する医薬品として「プロペシア」が有名です。ノコギリヤシよりも強い作用のある「フィナステリド」は医師による処方が必要になります。プロペシアは効果が強いぶん、副作用も稀に発生する可能性があるので、医師に十分な説明を受ける必要があります。またセンブリエキスなどの血行促進作用のある育毛剤で栄養を十分に毛乳頭の届ける事 、サプリメントに含まれる亜鉛で髪の毛の元になるタンパク質の合成をサポートすることで、生え際の育毛を促進します。