生え際の抜け毛は男性ホルモンが深く関わっています。生え際の後退、M字型脱毛を改善する方法、育毛剤などを中心に、薄毛対策を解説します。生え際に効く育毛剤を徹底比較します。

生え際が後退してきた時の薄毛対策

生え際の抜け毛は男性ホルモンが原因です。男性ホルモンが直接、抜け毛を引き起こすわけではありませんが、毛乳頭内で特殊酵素5αリダクターゼの影響を受けてDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。さらに、DHTが男性ホルモンレセプターと結合することでTGF-β1(退行誘導因子)が生成されます。退行誘導因子は名前の通り、成長期にある髪の毛を退行期に誘導して抜け毛を引き起こします。



生え際の抜け毛を改善するには男性ホルモンに影響を与える5αリダクターゼの働きを阻害する必要があります。5αリダクターゼの働きを抑制することでDHTが減り、抜け毛改善につながります。5αリダクターゼの働きを阻害する成分として有名なのは「フィナステリド」「ノコギリヤシ」「オウゴンエキス」などがあります。フィナステリドは医薬品として医師の処方が必要になる内服薬です。ノコギリヤシはサプリメントなどに含まれています。

DHT抑制以外に、生え際の育毛には血行促進も欠かせません。栄養や酸素を毛乳頭に補給する事で毛母細胞の分裂活動は活発になり、髪の毛は成長します。その為には頭皮の毛細血管を拡張して血行を良くする必要があります。育毛剤には「センブリエキス」を始めとする血管を拡張する成分が配合されています。

人気の生え際育毛剤ランキング BEST5!

順位 商品名 価格 説明 詳細
チャップアップ
9,090円~
送料無料
返金保証付
育毛剤とサプリメントのセット。育毛剤には血行促進作用のある植物エキス、海藻エキスなどを配合。サプリには5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシなどを配合しています。 詳細はこちら
育毛剤BUBKA
12,600円
送料無料
返金保証付
育毛剤には褐藻エキスM-034を配合。退行誘導因子の働きを抑制し、毛包の細胞分裂を活性化することで育毛を促進。サプリには5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシを配合しています。 詳細はこちら
プランテル
7,800円
送料無料
返金保証付
5αリダクターゼの働きを抑制するヒオウギを配合した育毛剤。さらに血行を促進するセファランチン、センブリエキスなどで栄養を毛乳頭に補給します。 詳細はこちら
フェルサ
9,800円~
送料無料
返金保証付
育毛剤とサプリメントがセット。フェルサは育毛剤とサプリの両方にノコギリヤシを配合。5αリダクターゼの働きを阻害します。サプリにはタンパク質合成を促進する亜鉛なども配合。 詳細はこちら
M-1育毛ミスト
9,800円
送料無料
返金保証付
毛乳頭細胞を活性化する加水分解酵母エキスを配合。毛乳頭細胞の繊毛が伸長し、細胞増殖因子(FGF)の生成を促進します。FGFが毛母細胞の分裂活動をサポートして育毛を促進。 詳細はこちら
生え際の薄毛、抜け毛にはコレ!

生え際の薄毛対策には活性型男性ホルモンDHTを抑制する必要があります。チャップアップのサプリに含まれるノコギリヤシには5αリダクターゼ酵素の働きを阻害する作用があります。他にも髪の毛の原料となるタンパク質を合成する亜鉛、代謝を活性化するαリポ酸、マカなどを配合しています。

育毛剤には血管を拡張する有効成分「センブリ」をはじめ、ニンジンエキスなどを配合。栄養分を毛乳頭までしっかり届け、髪の毛を作る毛母細胞を活性化。さらに海藻エキスやアミノ酸で毛包の細胞を活性化して髪のハリ・コシを強化。他にも抗炎症、保湿作用のある植物エキスもたっぷり配合。約30種類の有用成分が頭皮環境を整え、育毛を促進します。

生え際の薄毛対策におすすめのチャップアップ

生え際の薄毛を改善するポイント

5αリダクターゼを阻害する
DHTの生成、退行誘導因子の発生を抑制することで抜け毛対策
血行促進成分で毛根に栄養補給
頭皮の毛細血管を拡張し、栄養を届けることで毛母細胞を活性化
皮脂の過剰分泌を抑制する
皮脂の過剰分泌はフケ、炎症の原因。植物エキスで改善。
頭皮を保湿して頭皮環境改善
保湿成分で頭皮を柔らかくすることで、髪の毛が成長しやすく!
体の代謝そ上げる習慣を
代謝が悪いと細胞の成長力が落ちます。適度な運動がおすすめ。
バランスの取れた食事を心がける
タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養分が育毛に欠かせません。

生え際の育毛は男性特有の薄毛です。女性の場合はびまん症脱毛と呼ばれ、頭頂部付近から全体的に薄くなります。生え際はM字型に後退するタイプが多く、早めの対策が欠かせません。そこでまずは育毛剤の使用がおすすめです。より詳しくは育毛剤ランキングなども参考になります。


5αリダクターゼ配合のサプリメントでDHTの生成を抑制することが重要です。退行誘導因子の生成を減らすことで髪の毛の成長期を伸ばすことができます。育毛剤だけでなく、日頃からの食事も重要です。また軽い運動なども血行促進、代謝アップにつながるので取り入れたいところです。

育毛剤ランキング
売れている育毛剤のランキングを紹介。育毛剤の特徴、成分、効果、体験談をはじめ、薄毛対策の方法なども解説。

「生え際育毛剤ランキング」について
生え際の抜け毛は活性型男性ホルモン「DHT」の発生を抑えることが最も重要です。育毛剤には種類がかなりありますが、血行促進タイプが最も多くあります。血行を促進して栄養分を毛乳頭に届けることは非常に重要です。ただ、生え際の抜け毛はそれだけでは改善できません。男性ホルモンに影響を与える特殊酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑える「ノコギリヤシ」などの成分を配合した育毛剤を使用する必要があります。ノコギリヤシは北米南部のヤシ科の植物です。ソウルパルメットとも呼ばれています。育毛剤BUBKAやチャップアップ、フェルサのサプリメントにノコギリヤシは配合されています。DHTを抑制する医薬品として「プロペシア」が有名です。ノコギリヤシよりも強い作用のある「フィナステリド」は医師による処方が必要になります。プロペシアは効果が強いぶん、副作用も稀に発生する可能性があるので、医師に十分な説明を受ける必要があります。またセンブリエキスなどの血行促進作用のある育毛剤で栄養を十分に毛乳頭の届ける事 、サプリメントに含まれる亜鉛で髪の毛の元になるタンパク質の合成をサポートすることで、生え際の育毛を促進します。